ナビゲーションリンクをスキップ
業務紹介

住居表示

 一口に住居表示と言っても、誰にでも解るように住所を表示するだけでなく、あらゆる業務が重複しています。
 住居表示業務を初めとして、地形図作成業務・地番図作成業務・地図印刷業務等、一つ一つ単独作業であってもおかしくない業務が蓄積されています。
 当社では、各々の作業における専門技術者を備え、お客様のご要望・疑問点に即座に対応できる体制が整っております。
 立案から案内板設置までの、全体的なコンサルティング業務は勿論の事、部分的な住居表示業務につきましても、柔軟な対応が可能ですので、きっと、お客様のニーズに応じた対応が出来ると確信しております。

住居表示フローチャート
住居表示業務フローチャート

法務局調査・地番図作成

公図 台帳図

 公図は、あらゆる決定に関しての基本となり、里道・水路が重要とされますので、最新のものを法務局に出向いて使用します。
 里道・水路ほ転写して、地番を一筆毎に確認します。この作業により、最新の地番図を作成します。

 

周知パンフレット作成

周知パンフレット

 周知パンフレットは、住民に対して、住居表示とはどのようなことかを解りやすく説明したパンフレットです。
 この1冊で、住居表示がいかに大切かを、よく理解して頂けるよう、立案から配付までを承っております。

 

現況図作成

現況図 <新技術>
当社では、フロンテージ作成に重要な、「出入口調査」において、“MMS”を活用しています。
MMSにて取得したカメラ画像と位置情報を用いてパソコンのモニターで出入口を調査します。従来の現地調査員による“道路側から街区に向かった視点”と同じ映像がモニターで確認することができます。
また、調査資料は画像データとして保存されてますので明瞭な管理にも役立ちます。

現況図は、後日の作業で重要視されます。
お客様と共に、住居表示に必要な項目を
選定し、作成にとりかかります。

 

素案作成

素案

  住居表示業務の基本となる作業です。
 住居表示業務に精通していることが必要となります。
 お客様の意向に合わせた議会資料を作成し、地元説明会資料及び調書を作成致します。

 

フロンテージ図作成・住居番号特定

フロンテージ図

いよいよ、新しい住居番号を決定する作業に入りますが、基本的には、基準要綱・指示書に基づき決定していきます。
 住民が一番関心を寄せる部分でもあり、忌み嫌う番号(4・42・4丁目2番街19番等)をどのように処理してゆくかがポイントとなります。

 

世帯主・法人調査・表示板取付・通知書配付

通知書配付

 本作業は、住民との接触が中心となる作業です。苦情が多く寄せられるのもこの作業になります。
 地域に対する理解・トラブルが発生したときの迅速な対応が重要になります。

 

住居表示台帳図作成

住居表示台帳図

 従来はアナログ方式で作成しておりましたが、近年は著しくデジタル化が進歩しており、当社でも、最新技術にて対応しております。

 

案内図作成・案内板設置

案内板設置

  無事、住居表示作業が完了し、解りやすい住所への移行が浸透すると、お客様・住民の皆様にも、「便利になった」と、ご満足頂けると確信しております。

 

一つ前に戻る | 上に戻る


Copyright© 2003-2015 GIS-KANSAI Co.,Ltd. ALL Rights Reserved.