ナビゲーションリンクをスキップ
業務紹介

応用測量

 
応用測量とは、非常に広範囲であり、基準点測量、水準測量、地形測量及び空中写真測量等の基本となる測量を活用し、目的に応じて組み合わせて行います。
 

ネットワーク型RTK法(FKP方式)

 
1.

―   FKP方式とは  ―
電子基準点のデータより状態空間をモデル化し、測定点側において、生成された誤差補正情報を受信し、最終測位計算を行う方式。携帯電話に片方向の通信で補正データの配信を受ける。(配信会社:株式会社ジェノバ)
当社は配信契約の代理店でもあります。
FKP補正データ配信サービスの概要とご利用料金
FKP補正データ配信サービス会員規約
FKP補正データ配信サービス申込書
お問い合わせ info@gis-kansai.co.jp

 
       
2.
FKP-TS測量方式の特徴は、既知点とするFKP新点の位置を自由にしたことである。
すなわち、上空が開けているGNSS測量に適したところでFKP-RTK測量を実施し、その点(FKP新点)を既知点としてTS測量方式の測量網を形成する。
したがって、選点の自由度が増し、効率的な選点となる。
 
       
3. FKPで設けた新点からTS観測が行える位置に選点配置し、FKP点を既知点とし結合多角方式でTS観測をおこないます。  
 
―   FKP方式の活用事例  ―
リアルタイムに短時間で測定点の位置が分かるFKP方式は、作業時間の短い工事現場等での作業において活用されています。
    (大阪ガス 埋設管位置特定作業の様子)
 
 

数値平面(DM)測量

 
1. TSで基準点から放射法またはオフセット法などで地形物をおさえていきます。
この時にTSと電子平板は無線機でやりとりをおこない、おさえた位置が電子平板に表示されます。
 
     
2. 電子平板上でおさえた観測点をDMコードを使って結線及び地形記号等を描画していきます。  
   
3. 現場で描画してきたDMデータをパソコンに取込み、編纂、修正等の作業をおこない最終的にJSP_SIMA.DMファイルとして納めます。  
       

一つ前に戻る | 上に戻る


Copyright© 2003-2015 GIS-KANSAI Co.,Ltd. ALL Rights Reserved.