ナビゲーションリンクをスキップ
業務紹介

DM(デジタルマッピング)

DMとは航空写真測量等により、地図情報をデジタル形式で測定し数値地形図を作成する作業です。
  
成果品までの工程

1.空中写真撮影

セスナなどの航空機により、上空から地形図範囲の航空写真を撮影する。 なお、撮影時は実体視(イメージ的には3Dの飛び出す絵本のように見える)できるようにオーバーラップさせて撮影する。
空中写真撮影の写真
撮影イメージ

2.現地調査

航空写真で判読できないものを現地において調査確認し、引き伸ばした航空写真に書き入れ、後作業に必要な資料を作成する。

3.空中三角測量

様々な基準となるポイントを用いて、空中写真上の位置関係(写真座標)を、現地座標(測地系座標)に変換する。

4.数値図化

撮影された航空写真をデジタルステレオ図化機(右写真)にセットし、現地調査の結果に基づき、立体視をしながら、地図情報を数値形式(X、Y、Zの座標値)で取得し、記録する。
図化作業の写真
図化作業

5.数値編集

現地調査の結果に基づき、編集装置を用いて数値図化データを編集する。
編集作業
数値地形図データファイル作成

一つ前に戻る | 上に戻る


Copyright© 2003-2015 GIS-KANSAI Co.,Ltd. ALL Rights Reserved.