ナビゲーションリンクをスキップ
業務紹介

道路台帳作成

道路台帳は道路の戸籍です。道路の境界を示した地図や、認定・改良の年月日等を記載した台帳を作成・維持する作業です。

成果品までの工程

1.資料収集

議会で認定・廃止・変更された路線、工事によって改良された区間、国県道改修・土地改良・区画整理等引継ぎ、これらの資料を収集・整理し作業計画をたてる。
資料収集

2.現地調査

航空写真で判読できないものを現地で実際に調査し、道路幅員や側溝の規格、橋梁要素等を実測する。橋梁や照明灯等の構造物は写真撮影する。
現地調査

3.道路台帳図作成

現地調査から得た情報を測定基図上に展開し、幅員ランク別に区割線を入れる。現況平面図に道路台帳諸要素を附加製図する。

4.データ作成

測定基図上に展開された道路情報を区割単位でデータ作成し、図面ごとにファイリングする。
データ作成

5.調書作成

作成されたデータを項目別に集計し、決められた様式で調書作成する。作成された調書はパソコン画面でも見ることができ、打ち出しも可能です。
調書作成

道路台帳調書
道路台帳附図

一つ前に戻る | 上に戻る


Copyright© 2003-2015 GIS-KANSAI Co.,Ltd. ALL Rights Reserved.