ナビゲーションリンクをスキップ
業務紹介

基礎資料作成業務

基礎資料作成業務とは、固定資産評価の適正化を図る為、カラー航空写真の撮影、及び固定資産評価の資料となる地番図・家屋現況図等を整備作成します。
また、作成された資料を基に各自治体の所有するデータベースとの整合性をとる事でより確かな課税資料を提供致します。

登記簿照合

土地・家屋課税台帳と登記簿の相違や不明箇所を抽出し、土地・家屋課税台帳を修正する資料を作成します。
その結果、土地・家屋課税台帳に登記簿内容を確実に反映させる事ができます。

各種図面作成

市町村での課税客体の把握。課税地の検索、課税内容調査の簡易化。固定資産評価の適正化を図る為、使用目的に応じた図面の作成、整備を行います。

地番分合筆

土地異動通知書(登記簿)を基に、公図や地番図の更新を行います。

家屋経年異動判読

航空写真を基に新築・増築・滅失など異動のあった家屋の判読を行い、その結果を図面に盛り込むと共に異動家屋の一覧表を作成します。

異動後の家屋図と地番図を重ね合わせて、土地家屋現況図の作成も行います。

地目判読

航空写真を基に土地課税台帳と現況の地目の相違を抽出し、土地課税台帳を修正する資料を作成します。尚、現地資料などで使用できるように、現況の地目表示図や地目着色図なども作成します。


一つ前に戻る | 上に戻る


Copyright© 2003-2015 GIS-KANSAI Co.,Ltd. ALL Rights Reserved.